GAME-WINGS.NET

http://game-wings.net/

オセロ[リバーシ]

      2017/04/03

オセロについて

オセロ」は、みんながルールを知っている、一番なじみ深いボードゲームだと思います。
外国では「リバーシ」というみたいですが、日本では「ツクダオリジナル」の登録商標(商品名)で「オセロ」という名称で親しまれていると思います。
「オセロ」という名称は、「シェイクスピア」の「オセロ」からとった名称だったと思います。

当サイトで公開している「オセロゲーム」について言うと、
2002年に、最初「ネコちゃんリバーシ」というゲーム名で公開リリースしました。

今は、色々と、「オセロの作り方」みたいな、本がポツポツでているようなのですが、
制作当時はそのような本もなく、
対戦するコンピュータ(大げさにいうと「AI」)のプログラムを考えるのも、はじめてでした。
(現在は、バックギャモン・チェス・オセロ・トランプ・オリジナル四目並べ等が、コンピュータ対戦になってます)
(あと、オセロを作りたいと思う人は「(ネガ)(ミニ)MAX法」「α-β法」というのを参考までに知っておくと良いかもしれません>ボードゲームの「効率的に先の手を読む」(深化)再帰関数です)
コンピュータは、主に「評価関数」というので、コンピュータの打ち方を決定するのですが、コンピュータを作るのが、初めてなのもあり、実は、処理をパターン別に、ダラダラとかいたプログラムだったりします>自爆
ですので、オセロを作る作り手によって、この評価関数の評価点のつけ方が違うので、違う打ち方をしたりします。
(・・・とか、語ってますが、コンピュータは、そんな強くないです<自爆)

制作のキッカケは、当時、仕事のゲームコンテンツ案で「6×6か4×4ぐらいの盤のミニオセロ」があり、結果、仕事での制作は却下されたのですが、じゃーあ、自分で、8×8のフル盤のオセロを作ってみようじゃないかー、俺に作れるかなーなんて思いつつ、制作をはじめ、ゲームを完成させました。

あと、俺のオセロの打ち方ですが、
「序盤」は、石を置ける場所で、できるだけ少なく相手のコマをひっくり返す(1個とか2個とか)。
「中盤」は、盤の端の場所をとるようにする。ただし、相手に角を取られた時に、いっきに端と別の角をひっくり返されないような端の石の取り方をする。白の隣は黒が置ける、黒の隣は白が置けるという事を気をつける(当たり前だけど)。ので、角の周りの3箇所の場所が自分の石だと角を相手に取られる確率が非常に高い。
「終盤」の、角とりは、ほとんど、序盤と中盤の石の置き方次第です(なんだそれ)
という事は、このオセロコンピュータも、このような打ち方をするという事になります。

で、実際に、無料で遊べるブラウザゲームの「オセロ」は、こちら↓

 

リバーシ

「GAMES」で、現在、会員登録不要、ブラウザで手軽・簡単・気軽に無料で遊べるコンピュータ対戦の自作オセロゲームを公開中です!
良かったら気軽に遊んでみてください!
http://web.game-wings.net/
(画面中段にある「START」ボタンをクリック!)

reversi0reversi1

 

ネコちゃんリバーシ

「ネコちゃん三銃士 ON WEB」で、現在、このオセロを公開中!
ネコちゃん三銃士「ナポレニャン」と対戦!
会員登録不要、ブラウザで手軽・簡単・気軽に無料で遊べてコンピュータ対戦のネコリバーシ。

キャラクタが、お話する方がいい人はこちら↓
http://neko.game-wings.net/games/no033/reversi.php

necoreversi

コメント

よかったら、暇つぶしにでも、オセロを楽しんで見ませんか?
よろしくです。

 

関連リンク

・無料ゲーム紹介サイト「LINX~オセロ」

・リバーシのアルゴリズム C++&Java対応―「探索アルゴリズム」「評価関数」の設計と実装 (I・O BOOKS)

 - WEBゲーム